パーキンソン病の運動障害のメカニズムの理解に基づくリハビリテーション介入

【講師】
岡田 洋平先生 
畿央大学 理学療法学科 准教授


<アブストラクト>
パーキンソン病の運動障害は対象者によってその出現の仕方も異なり,運動課題や環境,内的要因により変化します。パーキンソン病の運動障害に対するリハビリテーションの適応と治療戦略を考えるにあたり,運動症状のメカニズムの理解に根差した評価に基づくことが重要です。本講義では最新の知見に基づき,パーキンソン病のリハビリテーションの効果に関するエビデンス,運動症状(無動・すくみ足,姿勢制御異常を中心に)の捉え方,評価,治療戦略を立てる際の考え方について具体的に紹介していく。本講義の最後にはパーキンソン病の認知機能障害についても解説する予定である。本講義を通して,パーキンソン病の運動障害に対する理解を深め,対象者への接し方,評価,リハビリテーション介入の参考にしていただくとともに,当該分野の今後の課題についても共有し,発展させていく機会となればと考えている。

平成29年10月7日(土)
【タイトル】
 パーキンソン病の運動障害のメカニズムの理解に基づくリハビリテーション介入
【開催地】東京
【会場】荏原文化センター 大ホール
    (品川区中延1丁目9-15)

【時 間】10:00~16:00(受付9:30開始)
【講 師】
岡田 洋平 先生
 畿央大学 理学療法学科 准教授
【参加費】
通常:\10,800円+税
早期割引:\8,800+税(9月8日振込み分まで)

セミナー参加費
通常
早期割
¥10,800+税
8,800+税
9月8日振込み分まで
団体割(2名様)
早期団体割
¥10,800+税
1名様あたり
7,800+税
9月8日振込み分まで
団体割(3名様~)
早期団体割
¥10,800+税 
1名様あたり
6,800+税
9月8日振込み分まで

申込みボタン申込みボタン

お問い合わせボタンお問い合わせボタン
キャンセルボタンキャンセルボタン