令和元年10.13 半側空間無視と失行の病態はどこまでわかったのか?
-メカニズムに応じた臨床戦略-

【講師】
森岡 周 先生 
畿央大学大学院健康科学研究科 主任・教授

<アブストラクト>
「私の身体のように思えません」「思ったように(この身体が)動きません」といった自己意識は,患者の病態を示す発見的データです.大なり小なり,脳卒中患者はこうした意識経験を有しています.身体性は,Gallagher(2000)によって「自分の身体が自分のものであるという所有の意識(身体所有感)と「この自分の運動を実 現させているのは自分自身であるという主体の意識(行為主体感)」に区別されました.また,Gallagherは自己意識を身体性の観点から,minimal self(原始的自己)とnarrative self(物語的自己)に分けました.本講演では,脳卒中後に起こる身体性変容の病態(運動麻痺,学習性不使用,高次脳機能障 害,疼痛)あるいは運動器疾患後に起こる病態(異常知覚,疼痛)について自験データを含めて説明し,身体性システム科学の視点から,リハビリテーション医療の進むべき道を提案します.




【開催日】令和元年10月13日(日)
【タイトル】 半側空間無視と失行の病態はどこまでわかったのか?
-メカニズムに応じた臨床戦略-
【開催地】熊本
【会場】九州中央リハビリテーション学院 5F 講堂
    (熊本市中央区本山3-3-84)

【時間】10:00~16:00(受付9:30~)
【講師】森岡 周 先生
畿央大学大学院健康科学研究科 主任・教授)




セミナー参加費
1名様

¥8,800+税
(8月31日振込み分まで)

団体割(2名様)

1名様あたり
➡¥7,800+税
(8月31日振込み分まで)

団体割(3名様) 1名様あたり
➡¥6,800+税
(8月31日振込み分まで)